ホームページ広告収入・アフィリエイトプログラム解説

アフィリエイトサイト側
>アフィリエイトとは?
>広告収入に適したサイト
>広告収入UPのヒント
 
企業・ショップ・ECサイト側
>売上アップにアフィリエイト検討
>アフィリエイト広告導入の前に
>広告代理店(ASP)利用のメリット
 
広告代理店(ASP)
>アフィリエイトサービスプロバイダ
>バリューコマース
>電脳卸
>バリュークリック
>トラフィックゲート
>エーハチネット
>リンクシェア
>アクセストレード
 
サブコンテンツ
>アフィリエイトプログラム用語集
>アフィリエイトQ&A
 
考察
>究極のアフィリエイト考察
>アクセスアップ考察


アフィリエイト・マーケティングGUIDE

  昨今耳にする機会が増えたとはいえ、まだまだ日本では認知度の低いアフィリエイト。当サイトでは、筆者自身アフィリエイトサイトとしてホームページを運営する立場から、アフィリエイトプログラムの仕組み、アフィリエイトマーケティングについての説明、考察をしています。
 アフィリエイトプログラムを活用すれば、ホームページの運営者の方、またはこれからホームページを運営される方は、無料で資金的なリスクを背負うことなく、大なり小なりホームページ広告収入を獲得することができます。
 また、アフィリエイトプログラムは企業やショップでの販促にも大いに貢献してくれる可能性を秘めていると言えます。
 今このページをご覧になられている方は、これからホームページを運営してアフィリエイトサイトとして広告収入を得たいと思っている方でしょうか?それともすでにアフィリエイトサイトとして、多大な報酬を手にしている方でしょうか?企業やショップの販促担当で、売上を伸ばすためにアフィリエイトプログラムの導入を検討されている方もおられるかもしれません。

 初めてホームページ運営での広告収入、アフィリエイトに取り組んでみたい、またアフィリエイトプログラムの仕組みを知りたいという方は、このページと続いて次項をお読みください。
>>アフィリエイトとは?

 アフィリエイトの仕組みは分かっている。すぐにでも広告収入を獲得したい、またはECとしての参加を検討したい、というかたはこちらのASP一覧からどうぞ。
>>広告代理店(アフィリエイトサービスプロバイダ・ASP)


▼アフィリエイトプログラムの概念図▼

▼アフィリエイトサイトの立場から▼
 それではまず、アフィリエイトサイトの立場から。ホームページにインターネット広告を掲載することにより、ウェブサイト運営者の方はほぼ無リスク、無資金にて広告収入を得ることができます。ただし最初に断っておきますが、アフィリエイトとはそう簡単な儲け話ではないということ。当たり前ですが、企業同士が売上、利益を伸ばすために競争するように、アフィリエイトサイト同士も競争の世界です。1:9の法則、2:8の法則というのをご存知でしょうか?どう言うことかといいますと、全体の1割の連中が総売上の9割を稼ぎ出す、または2割の連中が総売上の8割を稼ぎ出すと言う法則です。アフィリエイトサイトでは、これに近いことが強く当てはまると言われています。よくアフィリエイトは無リスクという言葉が聞かれますが、これは実際の資金面でのことであり、アフィリエイトとして活動する上での時間、労働力をお金に換算すると、大きなリスクを背負うと言っても過言ではないでしょう。しかし、実際にホームページで収入が得られることは確かなことです。なにごとも挑戦です。このサイトを全て読まれると広告収入を得るための仕組み、ヒントなどがある程度分かるかと思います。


▼広告主・企業・ショップ・ECサイト側の方へ▼
 広告主である企業・ショップ・ECサイト側は、アフィリエイトプログラムの活用により、アフィリエイトサイトを通して、販売する商品やサービスの効果的なプロモート活動を行うことができると考えられます。成果報酬が中心となるアフィリエイトプログラムにおいては、従来型の月極め広告、ページビュー課金広告、クリック型報酬広告などに比べ、費用対効果が分かりやすく効果的な広告費の運用ができると言われています。
 ウェブサイトでの広告収入を獲得したい方や、ネットショップ、オンラインサービスサイトにおける売上を増大させたい人、組織にとってはアフィリエイトプログラムは貴重なツールの一つであると言えるでしょう。

 それでは広告収入を得たい方、またアフィリエイトってなにっ?という方は、つづけてアフィリエイトとは?をお読みください。企業、ショップ運営でアフィリエイトプログラムによるインターネット広告の導入を検討されている方は、つづけて売上アップにアフィリエイト検討をお読みください。インターネット上の広告にどんな種類のものがあるかという基礎から知りたい方は、つづけてインターネット広告の種類を見てください。アフィリエイトサイト、ECサイトとしても気になるであろうアクセスアップについても後半で、自分の経験を元に考察しています。


インターネット広告の種類
 インターネット広告の種類は、バナー広告やテキスト広告が中心となります。ホームページに掲載されたそれらの広告を、訪問者がクリックしたり、またクリックして行ったリンク先サイトで商品購入やサービス会員登録などのアクションを起こすと、その広告を掲載していたサイト運営者に売上の一部が手数料として支払われます。バナー広告とは、JPEG、GIF、FLASHファイルなどの画像、写真による広告です。テキスト広告とは、文字通りテキスト(文章)による広告となります。

大きなサイズのバナー広告の例 サイズ468x60
もっと簡単ショッピング Store-mix.com

小さなサイズのバナー広告の例 サイズ120x60
もっと簡単ショッピング Store-mix.com

テキスト広告の例
何でも揃う!ショッピングモール「ストアミックス」 

 上の3つの広告は、ショッピングモール「ストアミックス」の広告です。これらの広告リンクをあなたがクリックし、リンク先のストアミックスにてお買い物をして頂くと、このサイトの筆者にストアミックスからの広告報酬が入ることになります。なんとなくお金の流れは見えてきましたでしょうか?カーソルを上記3つのリンクの上に当てると、ブラウザのステータスバーのところにhid=1827というのが付いたURLが表示されるはずです。この1827が筆者のIDであり、どのアフィリエイトサイト経由での訪問、売上かというのを判別するのに利用されます。アフィリエイトという言葉に耳慣れない方も、さらに詳しく知りたい方も、次項のアフィリエイトとは?をお読みになると理解できると思います。



アフィリエイトマーケティングGUIDE


Copyright (C) 2002-2010 " アフィリエイト・マーケティングGUIDE" All Rights Reserved
アフィリエイトマーケティングGUIDEは全ページリンクフリーです。
※本ウェブサイト内の全てのコンテンツを、無断で複製、転載、転用することはできません。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)への登録、アフィリエイトプログラムの導入につきましては、ご自身でご判断お願いします。本ウェブサイトおよびリンク先情報のご利用で、トラブル・不利益が生じましても、本ウェブサイト管理人は責任を負いませぬ。記載してあるASPの情報などにつきましては、2003年8月時のものです。料金改定などもあるかもしれないので、ECの方は各々ASPで確認をお願いします。

>>相互リンク